講演概要

提供: Wikimedia Conference Japan 2013
移動: 案内検索

演題は仮のものも多いです。随時更新します。

基調講演(工学部2号館 213講義室)

Jay Walsh(ジェイ・ウォルシュ/Head of Communications, Wikimedia Foundation[1]

2009年のWCJ2009にも講演してもらっています。日本語版のポップ・カルチャー閲覧数が多いことを示すグラフが話題になりました。


吉見俊哉(知の構造化センター副センター長/東京大学大学院情報学環 教授[2]

社会学、メディア論、文化研究といったフィールドで、広告、百貨店、ラジオ、運動会、チンドンなど、知っているつもりでも詳しくはわかっていない事柄を対象とし、多くの資料を参照しながら、研究されてきました。こうした研究は、ウィキペディアの執筆に通ずるものでもあります。知の構造化センターの立ち上げの頃には、百科事典そのものについての論文もあり、最近はアーカイブスや学術情報流通にも関わっていらっしゃいます。

午後の部

会場A(工学部2号館 213講義室):ウィキペディアを書こう

教室Aは、ウィキペディアの編集に関心を持っているけれど、まだ参加するに至らない人たちに向けての発表を集めました。授業や講義でウィキペディアを使ってみようと考えている教育に関わる方々や、インターネットでの共同作業、情報発信についても得られるものは多いでしょう。

ウィキペディアを「書く」ということはどういうことか。そこには、様々な視点が含まれます。日本語として百科事典の記事のような文章を書けるということ、読者側の視点を持てるかどうか、執筆し公開するということの責任をどう捉え、不安をどう乗り越えるか、資料を探し出すというのはどういうことか。ウィキペディア執筆に向けてのプロジェクトや、Wikiを使った共同作業を実際に行なってきた方々に、その動機や体験をお話して頂きます。

そして、ウィキペディアを書くこと、ウィキペディアが充実することで、どのように知識や情報の流通が変化するかということについても取り上げます。震災と原発事故の直後、たくさんの「知らない言葉」が飛び交いました。それを知るための入り口のひとつは、疑いなくウィキペディアだったでしょう。また、ウィキペディアから、より信頼性が高く専門的な情報への道筋は、どのようになっているのか。

新井紀子(国立情報学研究所)

世田谷区の教科書『日本語』の執筆に参加。この教科書ではウィキペディアのことが取り上げられています。

「Wikipediaと学術情報利用:オープンアクセスの時代に広がる学術情報流通とWikipedia日本語版への期待」 佐藤翔(筑波大学大学院/ブログ「かたつむりは電子図書館の夢をみるか」)
「応用力学 Wikipedia プロジェクト」山川優樹(東北大学/土木学会)
「WAQWAQプロジェクト:Wikipedia日本語版を充実させる2ヶ月間」 next49(ブログ「発声練習」)

ノーベル賞発表のタイミングで、ブログ「発声練習」で「日本語版ウィキペディアを充実させる2ヶ月間」を企画されました。

「区立中学でWiki体験」 河村 奨(下北沢オープンソースカフェ

世田谷区で行われている「日本語」授業の一環として、Wikipediaの利用と共同編集に関するリテラシーを教えています。校内PCにWAMP環境を用意して、プライベートなMediaWikiを構築。生徒は、区内の場所・事柄についての記事の作成を通して、「リンク」概念や、文書を公開する感覚を体験、学習します。

「saveMLAK」江草由佳( 国立教育政策研究所/saveMLAK)

セマンティックメディアウィキを使って図書館文書館博物館公民館の被災情報を集めることから始まったプロジェクト=saveMLAKに参加。saveMLAKの活動の紹介と、情報を扱う専門家・当事者が編集者という環境で、編集への参加がどうだったかを話して頂こうと思っています。

「ウィキペディアの間違いを直すための情報探索」 原田隆史(同志社大学/国会図書館)

ウィキペディアの間違いを正すための資料調査を授業に取り入れていらっしゃいます。

ワークショップ&ライトニング・トーク

会場B(工学部2号館 212講義室):ウィキペディア研究と執筆者のために

教室Bは、ウィキペディアを使った研究者と、ウィキペディアをはじめとするウィキメディアのプロジェクトの熱心な編集者を主な対象とします。

執筆する上で資料の探索・閲覧は重要です。国会図書館の各種サービスや論文データ有用なものと言えるでしょう。ここでは、その使い方や取り組みを解説して頂きます。

ウィキメディアのプロジェクト、特に最大の規模を持つウィキペディアは、データマイニングの格好の素材であり、記事群の関係の可視化、記事の信頼性、議論ページの分析といったことが既に試みられています。こうした試みの成果を知ることによって、ウィキメディアのプロジェクトの参加者にも、特に内外へのリンク、カテゴリ、テンプレートの使用といった "Wikify" の作業を行なっている人たちにとって、重要な示唆を与えることとなるでしょう。同時に、実際の作業を担っている側からのフィードバックは、研究手法の洗練のために有益です。研究者と実践者の交流がなされることを期待します。


「国会図書館の使い方」 原田隆史(同志社大学/国会図書館)
「学術情報サービスCiNiiとその周辺」 大向一輝 [5](国立情報学研究所)
「DBpedia Japaneseとは」 武田英明[6](国立情報学研究所)
「Wikipediaの議論と議論参加者の分析に関する研究」 朱 成敏, 武田 英明(国立情報学研究所)
「Wikipedia の信頼性計測」 鈴木優[7](名古屋大学)

WCJ2009のときの発表資料(研究者向け)

「日本語Wikipediaオントロジーの構築と利用」 玉川 奨 [8](慶應義塾大学大学院理工学研究科)
  • 玉川 奨, 森田 武史, 山口 高平,"日本語Wikipediaからプロパティを備えたオントロジーの構築",人工知能学会論文誌 特集論文「近未来チャレンジ」 Vol.26 No.4 pp.504-517 (2011.7)[9]
「Wikipedia解析」 中山浩太郎[10](東京大学 知の構造化センター)
「ニコニコ学会β」 江渡浩一郎[11](産業技術総合研究所)